• 遠赤外線ホットパック
  • お客様のお喜びの声
  • 圧倒的な違い
  • お客様アンケート
  • ホットパックの秘密
  • よくある質問
  • 治療実績
  • 中村司のプロフィール
  • 推薦の声
  • 治療実績
  • (財)日本東洋医学財団について
  • マスコミの方へ
  • 会社概要
  • 社会貢献活動
  • プライバシーポリシー
  • インターネット限定販売
  • サイトマップ
会社概要

変形性股関節症の一般的な、治療法としては、やはり痛み止めの薬を飲むということです。

その上で効かなければ、すぐに手術という選択肢を与えられるわけなのですけれども、わたくしは、これには、本当に、真っ向から反対します。

変形性股関節症の治療においては、痛みが取れること、そして足の動きがよくなること、この2点さえ達成されてしまえば、薬や手術といった過激な方法は、取らなくてもすむのです。

つまり、わたくしがお勧めしている方法は、たとえば血流を良くすること、血の流れをよくすることによって、まず痛みを減らしましょうということです。

そして、足の動きをよくするためには「体の重心軸をきちんととる」という方法を採用しております。

このための体操があります。

その体操をすることによって、歩くときのエネルギーロスが少なくなります。

こういった、体の使い方をすることによって、あるいは長期的にいえば、関節を悪くするような食生活や生活をやめることによって、だんだん関節は再生されることが分かっております。

たとえば、このことについては「ストレスが関節を破壊する」という、すばらしい研究があるのです。

この研究は、非常に皆さんの関節に対する考察を変えてくれるものだと思います。

これは、非常に奥の深い話ですので、セミナー、あるいはDVD等でお話していますけれども、こういった「本来体を作るものは何か」といった根本的なことを理解することによって、変形性股関節症は克服できると考えておりますので、ぜひ、中村式治療をおすすめしたいと考えます。



克服したい方はこちら

ページの先頭へ